国際税務支援サービス税理士法人(i-Tacs)

〒101-0064 東京都千代田区神田猿楽町2-7-17 織本ビル5階​

(+81) 03-5577-4578

© 2017 i-Tacs

​移転価格文書化サービス

移転価格文書化パッケージのご案内

1.概要
弊社では、移転価格文書化対応サービスをパッケージとして提供しています。
これは、マスターファイルとローカルファイルに必要な情報を質問リストに回答していただく形で収集し、弊社においてその情報をテンプレート上でアレンジすることにより、効率よく且つ重要な開示事項の要件は外さない文書を作成することを可能にするものです。
成果物の品質については、国税出身の移転価格の経験豊富な担当者が内容のチェックを行います。また、現地移転価格専門家のレビューもご希望であれば対応可能です。

2. 実施方法
(1)契約までの流れ

① 貴社からご連絡後、弊社担当者が貴社訪問又は電話で移転価格対応の概要を把握
② 貴社の状況に応じて、実施内容、スケジュール、成果物、報酬等について提案書・契約書案を送付
③ 貴社との協議のうえで契約締結

(2)契約以降の流れ

① キックオフミーティングにおいて、作業の進め方の打ち合わせを行います。作業開始前にできるだけ、貴社内の各関連部署の方々と目的を共有していただくことをお勧めします。
② 弊社より文書化に必要な情報について書面による質問と資料提供要請を送ります。貴社内部で回答欄を埋めていただくとともに、指定した資料をご用意いただきます。
③ 質問への回答及び資料の受領後、弊社において文書化テンプレートへの回答結果の埋込み作業、情報の分析作業及び分析結果の記述を行います。必要に応じて追加情報の依頼を行います。情報分析作業には、公開財務情報を利用した比較対象企業のベンチマーク分析が含まれます。
④ 第一次ドラフトができた段階で、貴社のレビューをいただきます。貴社のレビュー結果を受けて、必要に応じてディスカッションのうえ、成果物を最終化します。
⑤ ご希望に応じて日本語による成果物の翻訳を行います。英語、インドネシア語、中国語は自社で対応可能です。

3. スケジュール

【標準スケジュール】

  • キックオフミーティングから質問票の送付まで2週間から3週間

  • 貴社における回答作成 1か月

  • 回答結果の収受から第一次ドラフト完成まで: 3週間から4週間

 

急いでもキックオフから完成まで3か月程度かかります。文書作成期限は法的に定められた期限がありますので、余裕をもって早めに動き出すことをお勧めします。

4. 費用


【新規作成の場合】

   1.移転価格ポリシー構築                    150万円

 2.マスターファイル作成                    150万円

 3.ローカルファイル作成  1か国当り  120万円

(注)

  • 上記の価格はグループ売上高が概ね200億円から800億円で、国外関連者との取引が比較的小さい又は取引内容が複雑でないため、ミニマムレベルの文書化対応で十分なケースを想定していますので、該当しないケースについては別途個別見積りとなります。

  • 金額は税抜きです。上記のほか旅費等諸経費の実費を請求させていただきます。

  • 翻訳は別料金になります。翻訳サービスのページをご覧ください。英語、インドネシア語、中国語は対応可能です。料金は翻訳サービスのページを参照ください。

  • 上記のほか比較対象取引ベンチマーク分析を要する場合は1本50万円、現地専門家のレビューを得る場合は40万円から50万円が追加で必要となります。

  • 海外子会社は持っているが、グループ全体としては​国内事業が中心であり、移転価格リスクはさほど大きくないと判断されているため、文書化に義務についてはミニマム対応としたいとお考えの中堅企業に適しています。

5. 連絡先
本パッケージにご興味のある方は、下記までご連絡ください。折り返し当方よりご連絡いたします。

国際税務支援サービス税理士法人 小林正彦
電話 03-5577-4578

e-mail: info @ i-tacs.org(@を半角にしてお送りください)